酒場に煌くパラレルワールド

本人があまり宣伝してないので告知するのもアレかもしれませんが、一人でも多く見てくれたほうがいいのではと、お節介ではございますが。

弊ドラマーとしても活躍する服部美樹大先生の展示が高田馬場で行われるので、是非足を運んでみてください。



あでぃくしょん http://addiction.tokyo/
「APARTMENT -hattorimiki artworks exhibition- 」
2018 .2/23(fri) - 3/16(fri)
@「あでぃくしょん」
(東京都新宿区高田馬場2-19-8 アベオオタケビル104)
★早稲田通りを渡り、大黒屋さんの角を山手線沿いに進み 約30 秒★ •





そして、今年のビッグランブルの詳細が発表されました!
すごく楽しみです。
盛り上げていこう!

5月3,4,5、ロフト、フィーバー、シェルターで日替わりで3会場3days開催!
ネイバーズは2日目に登場!


TOKYO BIG RUMBLE 2018


day 1
5月3日(木) open13:00 start14:00
at 新宿ロフト 

前売りチケット4000円
バンド予約メール4500円
当日5000円
供に別途ドリンク代

出入り自由(1ドリンクオーダー制)
18歳以下無料(ドリンク代別)


  • SURF RATS (from UK)
  • CRACKS
  • CHICKEN JUMP SKIPS
  • LINK13
  • PSYCLOCKS
  • SCAMP
  • BOBBY'S BAR
  • MUTSUMI & THE RAT BONES
  • ANNY (from 岡山)
  • FRANTIC ABERRATION (from 四日市)
  • DILDOS (from 浜松)
  • SCABROX (from 甲府)
  • NARCS (from 呉)
  • ZORRO (from 大阪)
  • 内郷げんこつ会 (from いわき)


----------------------------

day 2
5月4日(金) open13:00 start14:00
at 新代田フィーバー

前売りチケット4000円
予約メール4500円
当日5000円
供に別途ドリンク代


  • HAPPY DRIVERS (from france)
  • SPIKE
  • HELLBENT
  • GIGOLO 13
  • NEIGHBORS
  • MUTSUMI & THE RAT BONES
  • APACHE CROTALE (from 名古屋)
  • THE Qo'noS (from 清水)
  • GREAT INVADERS (from 仙台)


----------------------------

day 3、 昼夜二部構成
at 下北沢 SHELTER  

昼の部  open12:00 start13:00
前売り2000円 当日2500円


  • 柳家睦とラットボーンズ ワンマンリサイタル



夜の部  open18:00 start19:00
ticket : TBA


  • SURF RATS (from UK)
  • HAPPY DRIVERS (from france)
  • HOOT STRINGS
  • 他(日本選抜サイコビリー組合バンド予定 笑)


  • バンドからチケットの現物を購入=4,000円
  • 主催もしくはバンドにメールで予約して入場=4,500円
  • 当日券=5,000円

となります。
ちょっとややこしいかもしれませんが、よろしくお願いします。
ネイバーズから買ってね。特典思案中。抱き合わせ用に新商品も作るか。。

それにしても、高齢化が進んでるな~ 笑


THE SURF RATS


HAPPY DRIVERS

ハッピードライバーズが日本でライブやるとは・・・
多分ほとんどのレコード持ってるんじゃないかな。再発ではあるけど。
高校生の頃バッジ作ったりしたな~。

wikiあったけど、翻訳が…笑


ハッピードライバー

ハッピードライバー
原産国フランスの国旗 フランス
ミュージカルジャンルロカビリーサイコビリパンク・ロックオルタナティブ・ロック
活動年数1985年1993年
ラベルPIAS、Boucherie Records
グループ構成
メンバージャン=クリストフ・「ジェイOXX」ジョーン・
アラン「DO IALA」Marietti 
ティエリ「テリーひばり»Petel
ハッピードライバはあるグループサイコビリー 、フランスから、Villevêqueメーヌ=エ=ロワール県パンク・ロックハード・コア・パンク、ロカビリーを混在させたハッピー・ドライバーは、パンカビリーやトラシュビリーと呼ばれるフランスのバンドの中の1人です。彼らの音楽によって、彼らはむしろ宗派とみなされるロカビリーと精神的なシーンを混乱させます。後半のオルタナティブロックシーンのトップグループ1980と早期1990年代Wampasマノ・ネグラLudwig von 88、トリオは1990年代後半に消えるだろう

バイオグラフィー編集コードを変更]

ハッピードライバーが形成されています ジャックスコットコンサートの最後に当時、Jean-Christophe、Thierry、Francky "Iguana"というベースプレイヤーで構成されていた、アンジェの近くのVillevêqueからのグループ、1950年代の純粋なロカビリーの伝統基づいていますセーラー服(ジャン・クリストフのアイデア)1彼らは瞬間のすべての大きなロカビリーシーンをオンにします。彼ら1987年に同年初のシングルJump Baby Jump」と初のLPWe'll Be Going On」(ベースはミッキーと)を録音した
では1988年、アランの元ベーシストWampasは、のロスCarayosの最初のアルバムに参加し、マノ・ネグラ、ハッピードライバーに参加しました。Alainがpsychobillyな表情をしているcontrabassistなら、彼はパリのパンク、共産主義者の息子、マグネット痙攣流星ですが、ロカビリーではありません。彼は、運転手が彼を討つとき、彼はただラップを聞いたと言うだろう。ハッピードライバーの音楽では、ジャン=クリストフ(旧ババクールブルトン)とティエリー(情熱的なロカビリー)のパンクのこの味が感じられます。
この時から、彼らのサウンドは固まり、ごみとパンク音を取り入れています。シーマンの服とバナナを残して、バンドはフランスとヨーロッパのオルタナティヴロックシーン人気を博しています2では1990年、アルバム戦争は、彼らが動的に再解釈ライスラボニータマドンナ私は保安官をショットボブ・マーリーこれはグループの人気に有利に働き、純粋なロカビリー/シビビリシーンの足かせから抜け出します。ハッピードライバーがダブルベースの使用、バイナリリズムやルックのような心理的環境のいくつかの特徴を持っている場合、パワーコードに重いリフを使用し英語フランス語歌い、時には約束の歌を書くアリーナ)は、ロカビリーやサイコサークルで完全に"禁止"されています。これらの「不自然さ」は、時々逃げるロカビリーシーンから遠ざけます。一方、彼らはより多くの観客に開放されます。
では1991年、運命トゥーンバはどの彼らのトラックの4は、オーストラリアでのツアー中のライブ記録しました。この国は特にジーン・クリストフとアラン(Byron Bayの作品で証明されている)をマークします。同年、Dour Festival 3で演奏します。
1990年代後半から、岩場からグループが徐々に消えていく。では1995年、ティエリーとジャン-クリストフPetelはガーゴイル、ティエリーは楽器の創造的な天才として示されている中世の音楽グループを形成します。彼らはどちらもグループを離れる。Jean-Christopheは現在、中世のGueule de loup社のストーリーテラー、歌手、ギタリストです。一方、アランは、様々なグループに参加したり興奮したりして(地獄の割れ、あなたの墓のクラッシュ...)、最近まで、その解散まで、ロス・フォイロスのドラマーoiのグループでしたストリート・パンク・ ボルドレーRASH(Red and Anarchist SkinHeads)の近くにあります。彼はその後、ボルドーの同じ都市の郊外の新しい魂グループのメンバーになり、15年間住んでいて、地元の代替シーンに積極的に参加しています。

メンバー編集コードを変更]

ディスコグラフィー編集コードを変更]

  • 1985年  :インディアンに注目!インディーズ・オン・ザ・ロード4
  • 1986年  :名前なしのシングル2タイトル
  • 1988年  :インディーズ・オン・ザ・ロード(1988) / We'll Going On(1987)(CD再発行は2枚のLPを収録)(PIAS / Boucherie Records)
  • 1990年  :戦争(PIAS / Boucherie Records)
  • 1991年  :トゥーンバ(PIAS / Boucherie Records)
  • 1993年  :エピカ・カルミナ(PIAS / Boucherie Records)



サーフラッツとハッピードライバーズの他公演、ゴールデンウィークの楽しみ方はコチラでどうぞ。



↓も忘れずによろしく!


2018年 4月29日(日)  新宿 LOFT
-OUTCAST SONS NITE- 
【BAND】 
NEIGHBORS 
HOOT STRINGS 
CABALLERO POLKERS 
DRUNK BIRDS 
THE EREXIONALS 
THE FOOTSTEPS 
NO ALL 
THE RODEOS 
ロス・ランチェロス 
THE SWING KIDS 
VOOOLLTA (大阪) 

【DJ】 
KAKEI (THE WILD ROVER
MINORU (PUNK ROCK LOCAL 蕨) 
NAKANO (DRINK 'EM All
TOSSY (HELL CALLING) 
YWK1 (VITE!) 
AITS (BLANK GENERATION) 
TAITO (CLUB WASTER) 

OPEN 16:00 / START 16:30 
ADV : 2,000円(+1D) / DOOR : 2,500円(+1D) 
前売りチケット プレイガイド 
ぴあ P:106-798 
ローソン L:71423 
問い合わせ/チケット予約  outcastsons@gmail.com


#outcastsons #caballeropolkers #neighbors_stgy #hootstrings #crafsort #rusticstomp #psychobilly #rockabilly #gibson #mandolin #accordion #banjo #gretsch #woodbass #slapbass #drunkbirds #theerexionals #thefootsteps #noall #therodeos #ロスランチェロス #theswingkids #vooollta #thewildrover #punkrocklocalwarabi #drinkemall #HELLCALLING #VITE! #blankgeneration #clubwaster #paradoxhirotton

0 件のコメント :

コメントを投稿